こんな料理も出来ちゃう?低温調理器具の使い方

>

料理に対する意識の変化

材料を入れて放置が基本

様々な調理家電がある中で、特に支持を得ている低温調理機。
その理由を探っていきます。
この家電は他の家電と異なって、材料や調味料を入れた後はそのまま放置するだけでOKです。
低温ながらじっくりと加熱していくので、柔らかく仕上がるのがポイントです。

電気を使っているのでコンロを使っている時のように、火加減をチェックする必要もありません。
寝ている間に、または仕事や他の家事に勤しんでいる間においしい料理ができます。
料理のバラエティが豊かなので、料理の幅が広がりやすいのも低温調理器具のメリットです。

冷蔵庫にあるちょっとした残り物や、作ってみたいけれど敷居が高いという場合にぴったりの調理器具です。
料理初心者にもおすすめの家電です。

精肉の調理は危険じゃないの?

低温調理機を使った料理の代表といえばコンフィやチャーシューなどの肉料理ですが、これらのお肉はしっかりと加熱処理をしなければなりません。
特に豚・鳥についてはある程度の熱処理でも死滅しないウィルスや寄生虫が多く、人によって重篤な症状を抱えてしまうケースもあります。

そのようなリスクを抱えて低温料理をするのかと不安に思うかもしれません。
確かに温度管理は低温調理の中でも重要なカテゴリですが、低温調理機はそれをオートでやってくれます。
調理前に温度・時間設定をすればその温度で保たれますし、それによってお肉にもしっかりと火が入ります。

低温調理をしたお肉は柔らかくジューシーなので、簡単においしい料理ができます。
但し寄生虫やウィルスによって死滅する温度が異なるので注意して下さい。


この記事をシェアする
B!