こんな料理も出来ちゃう?低温調理器具の使い方

>

作ってみよう!低温調理器具レシピ!

まるでお店の味?簡単・おいしいレシピ

ステイホームが根付いてからデリバリーやテイクアウトが増え、宅飲みを楽しんでいる方も大勢います。
デリバリーやテイクアウトは気軽にお店の味を自宅で味わえますが、通常の製品に比べるとコストがかかり、経済的ではありません。
自炊をすれば安上りですが、お店の様にうまく作れないので結局フードサービスに頼っている。
そのような方におすすめなのが低温調理器具で作る、コンフィです。
肉がポピュラーですが魚でも作れてやわらかな触感が楽しめます。
魚の場合は40度ほど、お肉の場合は部位にもよりますが60~70度を維持して半日放置するだけで良いです。

油と調味料だけでできるので料理初心者にも安心です。
たったこれだけなのにまるでお店で出している食事のようになります。

体に良い発酵食品も作れる?

低温調理器具で作れるのは、肉・魚料理だけ、そう思っていませんか?
自由に温度調整ができるタイプであれば発酵食品も簡単に作れます。
肉に漬けておくと味がしみやすいだけでは無く、麹の力で柔らかくしてくれる醤油工事は大豆・塩・醤油だけで簡単に作れます。

自然な甘味が出るのでオーガニックが好きな方にも良いでしょう。
そのまま食べるのはもちろんですが、スイーツ・食事にもアレンジが聞くヨーグルトも低温調理器具で作れます。
牛乳と種菌(ヨーグルト)を容器に入れて40度で8時間キープするだけ良く、気温や湿度によってテクスチャが変わるのも面白いポイントです。

低温調理器具は1台あれば今持っているレパートリーの幅をグンと広げてくれます。


この記事をシェアする
B!